「私を見て! ヌードのポートレイト」展

東京都写真美術館

poster for 「私を見て! ヌードのポートレイト」展

このイベントは終了しました。

本展では東京都写真美術館の2万5千点余におよぶコレクションから選りすぐられた作品を基に構成し、ポートレイトのなかでも主にヌード写真を取り上げます。ヌード写真には、写されている人間を「個人」として写しているものから、オブジェなどと同じように、美しい曲線を持つ物体として捉えているものまで、多様な作品が存在しています。ヌードの表現も他の写真表現と同じように、19世紀のピクトリアリズムの時代には、古典絵画を手本とした構図のヌード、そして20世紀に入ると写真本来の機能を生かしたようなモダニズム的なヌードと、表現の方向性が時代によって変化しています。そして被写体もモデルやダンサーなどから、恋人、家族から自分自身を捉えたものなど、対象も広がっていきます。社会や風俗、思想と様々な分野と絡み合う表現を取り上げ、その表現の違いから、それぞれの時代の人々を表象するポートレイト。単なるポートレイトではなく、敢えて服を脱いだ人を撮影することで、写真家達は、どのようにそれぞれ時代を捉えようとしたのでしょうか。これらの表現を通して、その時代の社会が持つ問題や意識の相違などが浮かび上がってくることでしょう。

トークイベントも開催します。詳しくはHPご覧下さい。

[画像: 「ストーリーヴィル、ニューオリンズの赤線地帯」 E・J・ベロック (1912年)]

メディア

スケジュール

2010年07月31日 ~ 2010年10月03日

Facebook

Reviews

tunes: (2010-08-06)

ヴォリュームに圧倒されます。ブラッサイ、ベロック、ビルブラント、ナン・ゴールディン、メイプルソープ、アーバス、H.ニュートン、ジャンルー・シーフ、J.p.ウィトキン、アラーキー、沢渡朔、細江英公、篠山紀信など国内外の著名な写真家の作品がズラリです。
http://blog.livedoor.jp/tunes1/archives/52658586.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use