MOTコレクション「クロニクル 1947-1963 | アンデパンダンの時代」(特集展示 | ピピロッティ・リスト 特別展示)

東京都現代美術館

poster for MOTコレクション「クロニクル 1947-1963 | アンデパンダンの時代」(特集展示 | ピピロッティ・リスト 特別展示)

このイベントは終了しました。

「クロニクル」とは、昨年度より始めた、戦後日本美術を見直すことを目的としたテーマ展示です。今期は、日本美術会と読売新聞社がそれぞれに主催していた、無審査・自由出品による展覧会である「アンデパンダン」をとりあげます。日本美術会は、1946年に結成された民主主義を標榜する美術団体であり、1947年に第1回展を開催し、現在に至っています。一方の読売新聞社は、1949年に第1回展を開催、1963年の第15回展をもって終了しました。ほぼ同時期に、同じ東京都美術館を会場として開かれていた二つの「アンデパンダン」展は、特に若い作家たちを育む貴重な土壌となりました。敗戦とその後の復興の現実の中から、何を見つめ選びとることで、作品のリアリティを創り出していくか、そうした追求によって生まれた数々の作品は、戦後日本美術を見直す上で、重要な位置を占めています。このたびの展示では、二つの「アンデパンダン」展における出品作家・作品の変容を辿るとともに、作品についての複眼的な考察を試みます。

メディア

スケジュール

2010年10月29日 10:00 ~ 2011年01月30日 18:00

Facebook

Reviews

Miki Takagi tablog review

お正月開館イベント 淺井裕介 ”巨大描き初め” パフォーマンス

10メートルを超える大きな紙に墨で描く新年の“描き初め”

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use