「映像をめぐる冒険vol.3」展

東京都写真美術館

poster for 「映像をめぐる冒険vol.3」展

このイベントは終了しました。

東京都写真美術館開館以来の映像部門基本コンセプトである5つのテーマ「イマジネーションの表現」「アニメーション」「立体視」「拡大と縮小」「記録としての映像」について、毎年ひとつずつ取り上げ、収蔵作品を中心に、多彩な特別展示とあわせて構成していくシリーズ企画 [映像をめぐる冒険]。3回目となる今年は、3D映画などで使われている視覚原理「立体視」がテーマです。平面にあるはずの画像が飛び出して見える立体視ですが、今回は3D映画やアトラクションのようなスペクタクル性を追求するのではなく、立体視という表現手法に何が可能なのかを検証します。19世紀中頃から近代までの原始的な立体写真や立体視装置と共に、立体視を利用した現代の作品を展示し、表現手法としての立体視を多角的に検証します。さらに、そうしたメディア探求から生まれる表現の一つの到達点として、メディアアーティスト藤幡正樹の作品を展示します。

メディア

スケジュール

2010年12月21日 ~ 2011年02月13日

アーティスト

津島岳央五島一浩藤幡正樹

Facebook

Reviews

tunes: (2011-01-08)

現在において3Dが大流行ですが、しかしその起源は170年前に完成しており、その理論はとてもレガシーなものだと言う事を改めて感じる展示。
http://blog.livedoor.jp/tunes1/archives/52734661.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use