佐原宏臣 「何らかの煙の影響」  

表参道画廊

poster for 佐原宏臣 「何らかの煙の影響」  

このイベントは終了しました。

佐原宏臣の連作「何らかの煙の影響」は、2003年から7年間に亡くなった7人の親族の葬儀とその周辺をていねいに記録したものである。一応の完成に7年を費やしたこの作品はまず、日本人の典型的な慣習の今日的なあり方を生々しい事実として捉えている。ここでは写真家は、自身も葬儀のメンバーでありながら、儀式の余白に立って出来事を観察する。とても両義的な「位置」に立っているといえる。別の角度からいえば、こういうことだ。写真家は、親族とは顔見知りであり故人に対する悲しみの感情を共有しながらも、通常は視覚化できないものを直截に暴露する、冷静なカメラの眼の要請にも従う。佐原の写真は、必ずしも悲しみの劇としての顕著な叙述性・演出性を訴求するわけではない。それは、日常と連続する空間の先に待ち構えているわだかまりや翳りのような、ある緩やかだが避けられない「移りゆき」の質を風景や人びとの身振りのなかに見極めようとする写真だ。悲しみの色とかたちは決して一様ではない。出来事が与える影響のインパクトが、とても多層的な様態をしており、それに触れるわれわれの感情の襞のか¥たちも色々であることを、この時間をかけた連作は繊細に、かつ確信を持って伝えている。   

メディア

スケジュール

2010年05月31日 ~ 2010年06月12日

アーティスト

佐原宏臣

Facebook

Reviews

m_m1941: (2010-06-01)

東京写真月間2010画廊企画展 佐原宏臣写真展「何らかの煙の影響」とMUSEE F選抜展KOSUNA" Can I Take Your Picture ?"

http://blog.livedoor.jp/m_m1941/archives/51610377.html

全体のインスタレーションは1月の展示を踏襲してはいるものの、作品の大きさなどで重要な変化があり、空間に足を踏み入れたときの印象は大きく異なると思います。さらに、今回は動画も展示されており、静止画を鑑賞しつつも音声を楽しむことが出来ます。極端なことを言ってしまえば「全く異なる展示」になっているとさえ感じました。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use