「岡本かの子 その母性と母性像 」展

川崎市市民ミュージアム

poster for 「岡本かの子 その母性と母性像 」展

このイベントは終了しました。

岡本かの子は、明治22年(1889)、川崎市高津村の豪商大貫家に生まれ、歌人、小説家として、また宗教研究家としても活躍しました。現在では、画家岡本太郎の母としても知られます。本展では、かの子と「母」をテーマとし、「母子叙情」を中心とした創作世界の母のイメージと、歌集や書簡、随筆にみられる母アイ、息子太郎との関係、また彼女が抱いていた理想の母親像に着目して、収蔵品をご紹介いたします。

メディア

スケジュール

2010年01月21日 ~ 2010年04月11日

アーティスト

岡本かの子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use