「アートサイト府中2010 いきるちから」展

府中市美術館

poster for 「アートサイト府中2010 いきるちから」展

このイベントは終了しました。

開館10周年を迎えた府中市美術館が、未来に向けて放つ展覧会です。本展では「生きていること」の素晴らしさに気づかせてくれる3人の作家を紹介します。日本では、厳しい経済状況が続くなか、生活の現状や将来に多くの人々が不安を抱き、若者のあいだにも「生きづらさ」を訴える声もよく聞かれます。また私たちの生きる場としての地域の変容も問題になっています。人が生きる真の姿とはどのようなものでしょうか。ときに滑稽であり、残酷であるかもしれません。しかし、そのありのままの姿こそ美しく、かけがえのないものともいえるのではないでしょうか。人が生きる根源の姿を見つめ、生命の輝きを伝える作品たちから、生きることの勇気をもらうことでしょう。これまでの美術館の活動の関わりから選ばれた作家たちの作品が、美術館を飛び出します。会期中、館内で関連プログラムを行うとともに、まちなかでのサテライト展示やスタンプラリーも行います。美術館で作品にひたるもよし、街を歩いてリフレッシュするもよし、イベントで人々とふれあうもよし。美術館と街、人をつなぎ、生きる原点を見つめ直すプロジェクトです。

メディア

スケジュール

2010年12月02日 ~ 2011年03月06日

アーティスト

大巻伸嗣木下晋菱山裕子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use