黒崎俊雄 「UGOUGO」

平塚市美術館

poster for 黒崎俊雄 「UGOUGO」

このイベントは終了しました。

本展では、黒崎俊雄(くろさきとしお 1946-)の近作を中心に展覧します。黒崎は、1971年に東京藝術大学美術学部油画専攻を卒業し、現在、神奈川県葉山町で制作を続けている造形作家です。その作品は、初期のモノクロや落ち着いた色彩の抽象表現から、近年の鮮やかな色彩と動物や植物のイメージによる生命感あふれる表現へと様々な変化を遂げてきました。展示では、まずイタリア留学時代の作品を紹介します。初期の作品はインクで細かな線を丹念に描き、やがて画面を埋め尽くすというものです。90年代になると、絵具を重ね塗りした上から、動物、樹木、人間をモチーフに線を刻む手法を用いたり、童画風の形を描くなど、それまでの作風から大きな転換をはかることとなりました。近年は、同じサイズの紙にネコを描いて壁一面に並べたり、新聞紙をつなぎあわせた大作や、スチレンボードのピースを配したインスタレーションなど、力強くのびやかで遊び心を刺激する作品を制作しています。展示の中心となるのは、こうした90年代以降の近作です。このほか、小中高校生と共同でインスタレーション制作を3回おこない、徐々にできあがる作品のコーナーを展示室に設けます。抽象的な作風で絵画のもつ根源的な問題に取り組んだ表現から、親しみやすさをあわせ持つ近年の作品まで、多彩な表現をご覧ください。

[画像: 黒崎俊雄「無題」(1980年) インク、グアッシュ、紙]

メディア

スケジュール

2010年06月26日 ~ 2010年08月29日
期間中 7月17日~8月29日は18時まで。入場は17:30まで。

アーティスト

黒崎俊雄

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use