「お江戸の絵画は大賑わい」展

板橋区立美術館

poster for 「お江戸の絵画は大賑わい」展

このイベントは終了しました。

板橋区立美術館では、開館以来、狩野派を中心とした江戸時代の江戸地方の美術に特化して作品を収集してきました。

本展では、当館の収集作品に、新たにコレクションに加わった作品をあわせて「お江戸の絵画」の賑わいを見ていただきます。第1室では、江戸幕府に仕えた御用絵師の狩野派と住吉派を紹介します。この二つの流派の江戸時代を通じた移り変わりをたどります。第2室では、南蘋派や谷文晁派、浮世絵派など、様々な民間の絵師の姿を見てゆきます。また、展示室の一角には畳敷きの大広間を再現し、本物の屏風を直接ご覧いただくコーナーを作ります。お江戸で活躍した絵師たちの息づかいを体感していただければ幸いです。

[画像:河鍋暁斎「龍虎図屏風」板橋区立美術館]

メディア

スケジュール

2010年04月03日 ~ 2010年05月09日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use