「マコトフジムラvs若手作家 日本画最新事情」展

佐藤美術館

poster for 「マコトフジムラvs若手作家 日本画最新事情」展

このイベントは終了しました。

1980年代後半「日本画」のイメージを大きく変えようとする様々な表現とその試みが東京藝術大学で日本画を専攻した作家を中心に起こりました。その中心的存在だったのは、現在でもその活発且つ個性的な活動で注目を集める、岡村桂三郎、斉藤典彦、間島秀徳そしてマコトフジムラたちでした。その中でもマコトフジムラは、日系米国人として日本に留学し日本画を学んだこと、クリスチャンであったことなど、他の作家とはまったく違った背景により独自の表現活動を展開し、同時にそれ以降の日本画や若い作家たちに多くの影響を与えてきたといっても過言ではない存在でした。

当館では1997年にフジムラの個展を開催、以降彼との密接な関係のなか多くの作品の収蔵(寄託作品を含む)を行ってまいりました。本展では、これらの作品を一挙に公開するのと同時に、フジムラ世代以降これから注目される作家たちを当館コレクションのなかから選定し公開することで今日の日本画を展望したいと思います。

メディア

スケジュール

2010年05月18日 ~ 2010年07月11日

アーティスト

マコトフジムラ荒井経石崎昭亜

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use