マン・レイ 「知られざる創作の秘密」 

国立新美術館

poster for マン・レイ 「知られざる創作の秘密」 

このイベントは終了しました。

幅広い芸術活動でその名を世界中に知られるマン・レイ(1890-1976)。

マン・レイの遺族が設立、全作品の著作権を所有するマン・レイ財団所蔵の写真、絵画、彫刻、デッサンおよびマン・レイ自身の所持品を一堂に集めて、 2007年から欧州を巡回している展覧会が、この度初めて日本で紹介されることになりました。

「写真家」としてのイメージが強いマン・レイですが、今回は写真はもとより絵画、オブジェなど多岐に渡る分野で活躍した「アーティスト」、そして新しい技法やスタイルを編み出した「モダンアートの先駆者」としてのマン・レイに光を当て、その知られざる足跡を発見する旅へと皆様をご案内いたします。本展監修者であるジョン・ジェイコブ氏と福のり子氏は4年の歳月をかけてコレクションの全貌を調査しました。その結果、日本展だけに出品される作品70 点を含む約400点が紹介される運びとなりました。

展覧会はマン・レイの生涯を「ニューヨーク(1890-1921)」、「パリ(1921-1940)」、「ロサンゼルス(1940-1951)」、「パリ(1951-1976)」の四つに区切り、時代にそってマン・レイの作品と、その発想源となったモノやイメージを対置させます。

財団にある豊富な資料の数々は、マン・レイが一つのモティーフを、スケッチから完成作品へとどのように変化させてきたか、あるいは彼が絵画やグラフィック作品に度々写真をベースにしたことなど多くの事実を物語ってくれるでしょう。

これまで一般公開されたことのない作品に加え、スケッチやデッサン、私的な資料に至るまで貴重な関連資料も多数含まれる本展は、マン・レイの広範で意欲的な創造活動、思考回路、そして歴史を追体験しながら、その作品と人生をより深く理解するまたとない機会といえます。

[画像:マン・レイ 「セルフ・ポートレイト」(1924,プリント年不詳) ゼラチン・シルバー・プリント Courtesy of Man Ray Trust]

メディア

スケジュール

2010年07月14日 ~ 2010年09月13日

アーティスト

マン・レイ

Facebook

Reviews

tunes: (2010-07-21)

代表作だと思われるような作品、「アングルのバイオリン」、「リンゴとねじ釘」、「Tears」、絵画「天文台の時刻に」、"瞳の写真が取り付けられたメトロノーム"など、全く展示されてないので、物足りない気分でした。
http://blog.livedoor.jp/tunes1/archives/52650729.html

yukarisme: (2010-08-11)

膨大なモノクロ写真の数々。マン・レイの写真家としての一連の流れが、分かりやすく展示されていました。マン・レイ展のオリジナルグッズも魅力的でしたよ☆
http://yukarisme.exblog.jp/13730360/

kico16: (2010-08-12)

「レイヨグラフ」を含む写真作品はもちろんのこと、絵画や立体等、バラエティに富んだラインナップとなっている。被写体のヘアスタイルやファッションから、当時のトレンドも楽しむことができる。 NADiffプロデュースのグッズもおすすめ。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use