「スカイプラネタリウム 一千光年の宇宙を旅する」展

森アーツセンターギャラリー

poster for 「スカイプラネタリウム 一千光年の宇宙を旅する」展

このイベントは終了しました。

『スカイ プラネタリウム』は星空の中を歩く感覚で楽しめる、体感型プラネタリウムです。
ここにはプラネタリウムに定番の座席はありません。圧倒的な描写力を持つ「MEGASTARの映像」と、特殊発光体を空間に配置した「リアル3D」から成る会場を自由に歩いて回れます。
宇宙の星を様々な角度から観察できる、世界初の「3Dウォークスルー型プラネタリウム」です。

メディア

スケジュール

2010年11月26日 ~ 2011年02月13日
11:00~22:00(金・土・休前日は23:00まで)最終入場は30分前まで ※2011年1月1日(土)は22:00までとなります。(最終入場21:30)

Facebook

Reviews

hypo: (2011-01-17)

良かった!!!

正直、そんなに大したものじゃ無いだろうと思っていました。
同じく六本木ヒルズでやっている「幽体の知覚」展を見るついでに、
ぐらいの気持ちで行ったら大当たり。

会場は余り広くありません。
ただ、一つ一つの展示がかなりの本気で、
特に、目玉になっている「リアル3D」とその先にあるムービーの展示が本当に綺麗。

MEGASTARの実物展示も圧巻。
想像以上に綺麗で神秘的でした。

所々で係員さんがツアーコンダクターのようにガイドしてくれますが、
展示の途中から入った人はあまり気にせずに自分のペースで見る事をお勧めします。
いつもよりゆっくり進むぐらいで丁度いいです。
(もし一度会場を出てしまっても300円払えばもう一度入れるようです。)

http://hypo-me.blogspot.com/2011/01/blog-post_17.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use