安田悠 「面影の向こう」

YUKA TSURUNO GALLERY

poster for 安田悠 「面影の向こう」

このイベントは終了しました。

独特のタッチと色彩で幻想的な風景を描き続けている安田悠は「時間と空間の歪みからなるものを見てみたい」と言います。作家の目に映る日常の風景は一旦記 憶の奥底に仕舞い込まれ、時間のプロセスを通して「曖昧に」表現することで「時間と空間が行き来する」独自の世界観を表現します。この行為を通して作家は、現実と非現実の境界に存在する時間と空間を探り、記憶によって心に思い浮かべる風景を、独特の色彩と抑揚のあるマチエールに彩られた水辺、森、星空な どが揺れながら重なり合う風景として描きます。タイトルにもなっている「面影」という言葉には「まぼろし」「幻影」という意味を含みます。「何の物語性もない、白昼夢にも似た空想の時間を永遠の一瞬として留める」と作家が表現するこれらの幻想的な光景は、心地良い浮遊感とともにどこか懐しく温かい、遠い記憶が呼び起こされるような感覚を鑑賞者にもたらすことでしょう。
本展では新作を約10点ほど展示する予定です。

[画像: 安田悠 「Voice」 2010, 162.1x130.3 cm (F100) Oil on canvas]

メディア

スケジュール

2010年12月11日 ~ 2011年01月22日

アーティスト

安田悠

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use