ヴィック・ムニーズ 「Pictures of Paper」

nca | nichido contemporary art

poster for ヴィック・ムニーズ 「Pictures of Paper」

このイベントは終了しました。

この度、nca | nichido contemporary art は、ブラジル人作家ヴィック・ムニーズによる新作個展を開催いたします。 来日を重ね、日本の歴史、文化に理解を深めたムニーズは、nca 初個展となる本展にむけての調査において、江戸時代には八丁堀・ 京橋界隈に代表的な浮き世絵師が多く住んでいたことを知り、またその作品の表現の豊かさに感銘を受けました。本展では、現在 進行中のシリーズ、“Pictures of Paper”から浮世絵をモチーフとした作品、また西洋画において彼の視点から日本の美意識を見出す ことのできる作品を選出しました。

ヴィック・ムニーズは「人類のすべての足跡、技術、言語はそれらが展開された環境へ投影されることでしか存在し得ない」とい う考えのもとに「ピクチャーオブピグメント」を制作した。(ピカソの名作の複製の上に様々な顔料をのせて、絵画を脱構築したも ので、「これは素材を単純化することによってあらゆる素材の根源を暗喩」するという意図に基づいていた。)今回新作の「ピクチ ャーオブペイパー」はシステム的に色面、色層を重ねて作る日本の浮世絵版画から想を得て、広重の作品を流用している。 デジタルで原作のピクチャーを読み取り、これを出力して、手で切り抜いていく。そしてそれを層状に貼り付けて作った画面を写 真に撮り、2m 近くまで拡大するのである。「フォルムと色の明確さは、ピクチャーとして視覚的刺激に満ちており、それはピクチ ャー自身を目的として脱構築する」という作家の言葉は、浮世絵の作り方のシンプルさと含意の饒舌さに魅了され、これを紙を重 ねるという行為によって制作の過程を辿りながら、表現の豊かさの真相を探究したいという意図が感じられる。 作品を追う私たちの眼は紙のわずかな厚みと層状になった、ちりめんのようなざらついた輪郭と表面のテクスチャーに惹き付けら れる。それは写真に撮られることによって不思議な存在感を醸し出し、色彩はますます艶やかに押し出されている。 マティスやゴーガンが惹き付けられた明快なフォルムにして、複雑で豊かな「絵」を生み出す浮世絵、クロワゾニズムにも影響を 与えた線の力。ともに展示されるホーマーによる波の絵の流用や、デューラーの繊細な植物画の流用は花花やその自然の流麗な線 のリズムと色を淡々と楽しむ緩やかで晴れやかな視線の中でひとつのハーモニーを奏でる。 ピクチャーを見るということの知的で新鮮な方法をこの作品は楽しげな手つきで示してくれる。
-長谷川祐子(東京都現代美術館チーフキュレーター)

*同時開催:第23回東京国際映画祭では、ヴィック・ムニーズ作品“Pictures of Garbage”の制作舞台裏を追ったドキュメンタリー映 画「ヴィック・ムニーズ / ごみアートの奇跡」(原題“Waste Land”)が 10/23(10:45〜)、10/28(17:00〜)にプレミア上映されます。 また10/23の上映終了後には、作家と観客との Q&A も開催されます。
http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=189

メディア

スケジュール

2010年10月22日 ~ 2010年11月20日

オープニングパーティー 2010年10月22日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

ヴィック・ムニーズ

Facebook

Reviews

hokkamuri: (2010-10-27)

ヴィック・ムニーズを追ったドキュメンタリー映画は残り木曜日の夕方の回のみ。
http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=189
逃してもニューヨークに行けば見られるらしい……

JINNO: (2010-10-29)

近づいて見て作業の緻密さを知り、離れて見てそのサイズ感に圧倒される。イメージの’遊び’が楽しい。
http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10690040293.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use