「空虚の形態学」展

東京国立近代美術館

poster for 「空虚の形態学」展

このイベントは終了しました。

「空虚」そのものに形があるわけではありません。それは、有形のものと照らし合わせることで、はじめて感得されるのです。家具ひとつ置かれていない部屋や、建物と建物の間の空き地、あるいは、そこにあった対象が移動してしまって今はないという状況において、人は空虚を感じるのではないでしょうか。空虚は、ものが無いことによって逆に、存在の神秘を問いかけてきますし、また、それは絶対的な無を指すわけではなく、普段気づかずにいる微弱な音や気配に注意を喚起し、次の瞬間に起こる出来事への期待を高めます。そういう意味で、空虚は新たな何かを生み出す可能性に満ちているともいえるのです。

アーティストがこのような魅力をもった空虚を見逃すはずはありません。イメージを排除したモノクロームの絵画、消しゴムで消去することで描かれる素描、空洞を抱えた彫刻、ネガ・ポジを反転した図像など様々な造形が試みられてきました。この展覧会では、絵画、版画、素描、写真、彫刻など27点の作品を通して、表現された空虚という器に流れ込む多様な意味を読み解いていきます。

無料観覧日(所蔵作品展、「空虚の形態学」展のみ)
3月6日(日)、4月3日(日)、5月1日(日)

<キュレーター・トーク>
鈴木勝雄(本展企画者・主任研究員)
2月26日(土) 11:00-12:00
3月18日(金) 18:00-19:00
申込不要・参加無料(要観覧券)

<同時開催>
3月8日(火)-5月8日(日):「生誕100年岡本太郎展」 企画展ギャラリー(1F)
所蔵作品展「近代日本の美術」 所蔵品ギャラリー(4F-2F)
*「岡本太郎展」および「近代日本の美術」観覧券で、当日に限り本展をご覧いただけます。

[画像: 杉浦邦恵 「I'm telling you...」(1983) ゼラチン・シルバー・プリント]

メディア

スケジュール

2011年02月22日 ~ 2011年05月08日

アーティスト

河口龍夫村岡三郎豊福知徳杉浦邦恵

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use