「日本の新進作家展vol.10」

東京都写真美術館

poster for 「日本の新進作家展vol.10」

このイベントは終了しました。

今年で第10回を迎える「日本の新進作家」展は、写真の根源的な手法や特性―光、時間、記憶、記録など―を表現にとりいれて、視覚を通して様々な事象を探ろうとしている5人の作家をご紹介します。

写真が発明されてから170年が過ぎ、21世紀に入ってからはデジタル技術の発達が目覚ましく、想像できる画像は全て手に入れることができる時代になりました。しかし想像上の画像には限界があります。より複雑で数多の想定外のことが起きる現実と向き合うためには、あらゆる角度から多面的なアプローチで、五感をとぎすませて何よりも目の前の事象と対することが必要です。
本展覧会では、現実と私たちの間を行き来しながらつくられるイメージや記憶、もしくは視覚そのものから得られる感覚といった、言葉では表しにくいものを写真の本質的な特徴を追求しながら表現し、私たちの認識や感覚をより覚醒させてくれる作品を制作している作家たちに焦点をあてます。

※期間中、対談イベントなどが開催されます。詳細はホームページでご確認ください。

メディア

スケジュール

2011年12月10日 ~ 2012年01月29日
年末年始休館:12月29日 (木) ~1月1日 (日)、1月4日 (水) は休館

Facebook

Reviews

karl: (2012-01-09)

I would go to see if only to see the work of Nishino Sohei. He is recreating cities by doing a patchwork of small pictures of a city. The city is then reconstructed by all its "clichés" into a large diorama. Hiroshima, Tokyo, London, Berlin, Paris, Rio, etc. are exhibited in very large images. Each photograph could be the opportunity of a long travel given the number of small capsule life tied into the images. Amazing.

http://www.guardian.co.uk/artanddesign/2011/feb/24/sohei-nishino-diorama-maps

The photographs of Kitano Ken are a mix of all portraits of people in a specific area. Instead of a collage of parts, the technique used is a superimposed mix of photographs playing with transparency. What is achieve is a common face. What is our identity in a group of people. What is the remaining me once I have been mixed to all other people?

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use