「ボストン美術館浮世絵名品展 錦絵の黄金時代―清長、歌麿、写楽」展

千葉市美術館

poster for 「ボストン美術館浮世絵名品展 錦絵の黄金時代―清長、歌麿、写楽」展

このイベントは終了しました。

アメリカのボストン美術館は、世界有数の日本美術コレクションを所蔵する美術館として知られており、その質の高さ、膨大な作品数から、近年では「浮世絵の正倉院」とさえ通称されています。中でも浮世絵はコレクションの中心であり、5万点にのぼる版画、7百点以上の肉筆画、数千点の版本が含まれ、現在もなお調査整理が続けられています。またその過半は、1882年から8年ほど日本に滞在したウィリアム・スタージス・ビゲローによって収集されたもので、現在日本では所蔵を確認することができない貴重な作品が多く含まれていることでも注目されます。

本展覧会は、ボストン美術館に所蔵される浮世絵の中でも、最も華やかに錦絵が展開した天明・寛政期(1781-1801)を取り上げ、鳥居清長(1752-1815)、喜多川歌麿(?-1806)、東洲斎写楽の名品を中心に、同時代の浮世絵師の作品を加えた約140点を展示します。ボストン美術館の幅広い浮世絵コレクションだからこそ可能な、スター浮世絵師たちによる錦絵の華麗な競演をお楽しみください。

記念講演会 (往復葉書による申込制)
「蔦屋重三郎と歌麿・写楽」
5月1日(日)14:00より(13:30開場)/11階講堂にて
講師: 田沢裕賀 (東京国立博物館 絵画・彫刻室長)
聴講無料/定員150名  *申込締切4月22日(金)[必着]

「ボストン美術館と浮世絵」
5月7日(土)14:00より(13:30開場)/11階講堂にて
講師:小林忠(千葉市美術館館長 学習院大学教授)
聴講無料/定員150名 *申込締切4月28日(木)[必着]

「寛政年間浮世絵界絵図」
5月15日(日)14:00より(13:30開場)/11階講堂にて
講師:大久保純一(国立歴史民俗博物館教授)
聴講無料/定員150名 *申込締切5月6日(金)[必着]

参加申込方法及びその他のイベント情報については、HPをご覧ください。

メディア

スケジュール

2011年04月24日 ~ 2011年06月05日
会期中無休。金、土曜日は20:00まで

Facebook

Reviews

JINNO: (2011-05-19)

美人画に描かれた女性の指、うなじ、みだれ毛等の種々の仕草に200年近く経った今でもハッとさせられる。絵師、彫師、摺師、版元と作品に携わる作り手がオトコならではの普遍な美意識。
http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10896642640.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use