「瞬間から永遠まで」展

eitoeiko

poster for 「瞬間から永遠まで」展

このイベントは終了しました。

異種異能の作家による三人展「瞬間から永遠まで」。

美術専門誌で連載中の「に・褒められたくて」が好評のながさわたかひろ。第13回岡本太郎現代芸術賞の特別賞受賞も記憶に新しい作家です。肖像を描く対象にサインを求めるという、コミットにより完成を試みる手法は、版画という伝統表現に新たなアプローチを加えています。それはまた自身の真摯な情熱を相対化する過程であり、作家は人間に流れる血液以外の何ものかを求め、他者に訴えます。

GEISAI#11でホームレスの男性を会場に作品として展示し、銀賞を受賞した高田隆平(unit.maker)。インターネット放送の出演で知る方も多いでしょう。かれが海外の著名な審査員に受け入れられたのは、既存の手段に依らない表現と批評眼を作品に認めたからです。高田はマウリツィオ・カテランやジャンニ・モッティと同列の「世界レベル」の思想を持った作家なのです。本展では、作家本来のフィールドである科学を軸にした作品を発表します。

ULTRA003で実質的なデビューをした橋本悠希は、実生活のリサーチによる、社会に対する冷静な眼差しを作品化します。本展の出品作品は、3月22日よりロサンゼルスのトーランス市美術館で開催される「Gateway Japan」展出品のプレビューともなっています。

ともすると固着しがちな私たちの美術観を三者は解きほぐし、アートとは何かを示します。

[画像: 橋本悠希]

メディア

スケジュール

2011年02月12日 ~ 2011年03月19日

オープニングパーティー 2011年02月12日17:00 から 19:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use