「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展

21_21 DESIGN SIGHT

poster for 「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展

このイベントは終了しました。

日本を代表するデザイナー 倉俣史朗(1934.11.29-1991.2.1)と、イタリアデザイン界の巨匠 エットレ・ ソットサス(1917.9.14-2007.12.31)。二人の交流は、1981年、デザイン界に衝撃を与えた「メンフィス」(*1)プロジェクトをきっかけに始まりました。モダニズムに息苦しさを感じていた二人は、ソットサスは西欧的 イデオロギーを背景に、倉俣は日本的感性をもって、デザインという言語で語り合い、夢を見、美を 探求し、友情を育みながら、創造の可能性を探り続けました。表現の異なる二人ですが、ともに、機能性や利便性を超えて、生活に喜びと驚きをもたらすデザインを求めたのです。

本展では、倉俣史朗の1981年から10年間の透明感に溢れた希少な作品約60点と、ソットサスが最晩年に残した、多くの作家を触発したネイティブ・アメリカンのオブジェ「カチナ」が主題のドローイングをもとに、新たに制作された世界初公開作品約20点を紹介します。行きすぎた市場主義や物質社会の再考が求められる現在、デザインやものづくりの意味が大きく変わろうとしています。夢と愛に満ちた二人の 仕事を通して、限りなく自由で生き生きとした「デザイン」に改めて出会う、新鮮な体験をお楽しみ ください。

(*1) 戦後の高度経済成長が一息ついた1980年、エットレ・ソットサスを中心に若手デザイナーや建築家によって結成された デザイングループ。1981年に第1回「メンフィス」展を開催、センセーションを呼び、その後80年代の建築・デザインに多大な 影響を及ぼす。主なメンバーはミケーレ・デ・ルッキ、マッテオ・テュン、マルコ・ザニーニ、日本からは梅田正徳、倉俣史朗が 参加。

メディア

スケジュール

2011年02月02日 ~ 2011年07月18日
11時〜20時、火曜日休館

Facebook

Reviews

hypo: (2011-02-13)

東京ミッドタウン裏にある21_21 DESIGN SIGHTでやってます。
なにげに昼間に来たの初めてかも…

全体を通しての感想は「不思議」でした。

「カチナ」なる妖精?を立体化したガラスの置物(穴開いてたし、花瓶なんだろか)から始まり、
東京都現代美術館においてある倉俣史朗さんの金属の椅子や
以前Bunkamuraで見かけた花をアクリルに封入したシリーズなど、
「どうやって作ってるんだ!?」と思うようなものが続く。

バウハウスやコルビジェの合理的構造に対する疑問がスタートラインにあるようで、
機能としては不要な形や色味、製造法をいかに実用的な雑貨に押し込むか、という視点が面白いです。

http://hypo-me.blogspot.com/2011/02/2121-design-sight.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use