小泉朋美 「ひびく」

Ohshima Fine Art

poster for 小泉朋美 「ひびく」

このイベントは終了しました。

小泉朋美の今個展のタイトルは、‘ひびく’である。あえて短い言葉に託し伝えたい作家の思いは、作品と共に昇華している。作家は、物理的に振動することで‘ひびく’「音」や「もの」や「言葉」と共に、計測不能で感覚的に‘ひびく’人同士や人の心や思い、感情的な 風景 季節 などを思い描いている。

また、英語に当てた‘echo’は‘ひびく’そのものの中に、時間経過した後の名残や形跡の意味を含んでいる。
それらすべての概念が、今回の表現の核となる重要な要素である。さらにそれらの色々なものの‘ひびき’合いがフィードバックして影響し合う、それによってさらに変化し、巡り巡って戻ってくる。そして循環を受けた後には、ナニカが変わっていくせめぎあいの中で、自分が変わる、相手も変化する。そのようなイメージを捉えて小泉は創作に痕跡を残す。存在を確認する。今回初めて立体作品を手掛けたが、中から光るこの作品も、光の波長が‘ひびき’ながら外に届くことによって、鑑賞者側が照らされ、その刹那に何かを残し世界と共に変容する。振り返ってみたら、生きていくこと とは、変わっていくこと だけが変わらない理なのだろう と小泉朋美の一連の創作によって想起されるのだ。

メディア

スケジュール

2011年04月30日 ~ 2011年06月04日
5/11,12,13,14 休廊

オープニングパーティー 2011年04月30日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

小泉朋美

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use