海沼武史 「八人の王が眠りにつく処」

エモン・フォトギャラリー

poster for 海沼武史 「八人の王が眠りにつく処」

このイベントは終了しました。

EMON PHOTO GALLERYでは海沼武史の約2年ぶりの新作展『八人の王が眠りにつく処』を開催致します。
海沼はこれまでの作品で、無機質な土地に息づく生命の存在を繊細な線と光で捉えた「Alpha & Omega」や、水面に反射する光や木々を印象派絵画的アプローチとも言える視点を写真で表現した「Little Buddha River」、氷の中に閉じ込められた有機物に小宇宙にも似た世界を見出した『Family Ground』を発表し、透明な眼差しと感性で写し出された作品は観る者の心を捉えてきました。

本作品で海沼は、これまでのシリーズの集大成とも言える世界へとまた一歩足を踏み入れ、『見る』という純粋視覚体験そのものを限りなくつき詰めたと言えます。 海沼自身がその20年に渡る作家活動の末に到達した「極北の地点」と言及するように、荒涼とした草原、立ち込めた雲の下に広がる緊張感のある地平線、 人けのない夜の街灯などが写し出された写真には、存在を根源的に揺るがす美への畏怖と気高さ、そしてその辿り着いた地点に立った作家自らの決意すらも感じとれます。 本展では約30点によるカラー作品で構成致します。海沼武史という一人の作家が辿り着いた『処』で見た世界をぜひご高覧下さい。

メディア

スケジュール

2011年04月07日 ~ 2011年04月30日

オープニングパーティー 2011年04月07日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

海沼武史

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use