「国際陶芸教育交流」展

東京藝術大学 大学美術館・陳列館

poster for 「国際陶芸教育交流」展

このイベントは終了しました。

国際陶芸シンポジウム2011の一環として、世界9ヵ国26大学、日本陶磁芸術学会員など200名以上の学生と陶芸家、またその作品が一堂に会し、国際交流を図ることを目的としています。作品の鑑賞を通じて多様な陶芸のあり方に触れ親しむことは、教育的観点からみても有意義であります。さらに、陶芸文化振興を目的とし、地域に開かれた国際陶芸の展覧会でもあります。

国際陶芸シンポジウムは2006年の中国を皮切りに、英国、ケニア、韓国で開催され、多くの学生・陶芸家が参加して国際交流を図ってきました。今回のシンポジウムでは本展示以外にも、東京藝術大学取手校地にて取手市立東中学校における交流授業、野焼きによるワークショップ、各国選抜30人の穴窯協同焼成を行います。また、台東区商工会の協力により、東京藝術大学上野校地にて各国教員・学生によるデモンストレーションが行われます。

メディア

スケジュール

2011年09月19日 ~ 2011年09月25日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use