「映画女優 香川京子」

東京国立近代美術館フィルムセンター

poster for 「映画女優 香川京子」

このイベントは終了しました。

『おかあさん』(1952年)、『東京物語』(1953年)、『近松物語』(1954年)、『どん底』(1957年)――世界映画史に残る数々の名作に出演し、日本映画の黄金期を代表する映画女優・香川京子。 

1949年の東京新聞「ニューフェイス・ノミネーション」に選ばれ映画界入りした香川氏は新東宝からデビューを果たすと、その清潔な魅力と飾らない演技でトップスターの座を獲得、1952年にフリーとなった後も多くの巨匠監督たちに重用されて、その名演をファンの記憶に刻みつけてきました。そして、いまも現役として映画やテレビドラマへの出演を続ける一方、フィルムセンターへの寄贈などを通して我が国の映画保存活動にも貢献をしてきた香川氏に対し、今年、日本人では初となるFIAF(国際フィルム・アーカイブ連盟)賞が贈られることになりました。

これにあわせて、東京国際映画祭ではFIAF賞の授賞式が行われるとともに、代表作9本を英語字幕付きで上映する「香川京子と巨匠たち」(10月24日‐28日)がフィルムセンターとの共同主催で開催されます。また、フィルムセンターでは「映画女優 香川京子」と題し、9月から開催中の展覧会(9月13日-12月25日)に加え、出演作約50本を上映する本特集を11月8日より開催する運びとなりました。本特集では、香川氏のデビュー作となった『窓から飛び出せ』や『君と行くアメリカ航路』『東京のヒロイン』(いずれも1950年)など初期の作品から、近年の『赤い鯨と白い蛇』(2006年)まで、46本(45プログラム)の上映を通して、その映画女優としての輝かしい足跡をたどります。

*上映作品の詳細、スケジュールに関しましては、ホームページをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2011年11月08日 ~ 2011年12月25日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use