「TWS-Emerging 160/161/162/163」展

トーキョーワンダーサイト・本郷

poster for 「TWS-Emerging 160/161/162/163」展

このイベントは終了しました。

TWS-Emergingは、トーキョーワンダーウォール(TWW)の入選者100名の中から希望者を募り、審査を経た後、TWS本郷にて個展を行う企画です。本年度は、6月から10月までの5ヶ月間を通して各4名、総勢20名の若手アーティストを個展形式でご紹介いたします。本年度第2回目のTWS-Emergingとなる今回は、4名のペインターをご紹介いたします。

長沼基樹(TWW公募2010大賞受賞)は、郵便配達をしながら通過する日々の日常風景に、有る事件をとおして気付いた、社会の中に垣間見える個々の認識の「ずれ」を捉え、郊外の風景に描きこみます。安藤充は、「Nature Algorithm」と題したシリーズで、自然が生み出す遺伝子の形成、その歴史や時間軸にも挑みます。辻孝文は、地元の岡山の自然に没入し、見出す自然の力・ひとの営みについて向き合い、森田佳奈は、描くことによって、遠近法を覆し天地無用の配置などをとおして、自分が見た家や庭の記憶をつくり変えます。彼らが描き、模索する人の住みかとは、風景とは。そして、自然との共存とは。

7月2日(土)
16:00~17:00 アーティストトーク
17:00~19:00 交流会

メディア

スケジュール

2011年07月02日 ~ 2011年07月24日
休館日:7/4・11・19

アーティスト

安藤充長沼基樹辻孝文森田佳奈

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use