平川恒太 「FOXのちから」

バンビナート・ギャラリー

poster for 平川恒太 「FOXのちから」

このイベントは終了しました。

本展では「FOXのちから」と題し、マスメディアの真偽性や情報の取捨選択性などをテーマに制作した作品を発表します。FOXとは、動物のキツネとアメリカの4大ネットワークの一つであるフォックス放送の二つを意味します。

フォックス放送は、共和党支持の報道を行い、米国マスコミの最右翼の放送局として知られており、一方動物のキツネは、警戒心が強く、古来より人を化かすと伝えられるなど、野性の象徴とされています。しかし、ロシアの神経細胞学者リュドミラ・ニコラエブナ・トルットによる実験結果では、キツネが人為選択により配合を繰り返すことで、犬のようにしっぽを振り、人間になつく個体を生み出すことに成功。なつきやすさという性質が、自然、あるいは人為的に選択されうることを示しています。平川が描き続けてきたキツネ(FOX)とは現代人そのものであり、それは私達が、飼いならされない野性(個)を持ち続ける事が出来るのかといった命題の象徴として描かれています。日々与えられる情報を疑わずに信じ、繰り返し真実と主張するものを真実として生きて行くことができれば楽なのかもしれません。しかし人為選択された情報によって、個々が本来持っている「考える」という野性を失いつつあるのではないかという危機感を平川は抱いています。私達は真実を知ることで自由を得られるのか、それとも不自由になるのか。本展ではメディアと私達の関わりについて問いかけています。

メディア

スケジュール

2011年03月18日 ~ 2011年04月10日

アーティスト

平川恒太

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use