森田浩彰「交換・・作/備/品」

ナディッフ アパート

poster for 森田浩彰「交換・・作/備/品」

このイベントは終了しました。

森田浩彰は、東京都現代美術館でのMOTアニュアル展にも選抜され、いま最も注目されている若手作家のひとりです。
ばけつのなかでころがるふたつのプラスチックコップや、壁にねじこまれたまま回転するふたつのおれまがったビス、エヴィアンのボトルからボルヴィックの空のボトルへしたたり落ちる水やトイレット・ロールペーパーなどなど、日常の物品を用いてさまざまな様態を作品として提示してきました。日常的な物質や既製品の機能と使用法を脱臼させ思わぬ仕方で接続することで、モノとモノの関係性、モノと概念の関係性にあらたな結節点を見いだしてみせます。その手法や表現は、連綿と続く価値の転用を行うようなリレーショナルなアートの日本の現在形として、ポストゼロ年代の関係性の美学(あるいは微笑、または苦笑)を体現しているといえるでしょう。
今回のナディッフでの展示は、MOTアニュアル展で森田がおこなっているプロジェクトと対をなすものとなります。美術館における、そこに備えられているものと森田が似せて手作りした作品の交換、を受けて、ナディッフでは交換された「もとの」ものを作品として展示します。まず、美術館に設置されたり使われたりしているものを模した彫刻作品を制作し、美術館ではその作品を「もとの」ものと交換して、備品として使ってもらう。そして一方ナディッフでは、交換した美術館のものを彫刻作品(のサンプル)として展示することになります。
美術館で使われているものを彫刻として見ることに意味はないし、ギャラリーでそれらを彫刻として見ることにもさして意味があるとは思えません。あくまでも備品・作品という関係を頭の中で変換しないことには意味をなさない。そこには美術館とナディッフという美術を巡る2つの場所で起こるある種の交換があります。この交換により、移動し、使用方法が変わり、名前が変化すると言ったことが同時に起き複雑な状況を作り出します。

[関連イベント]
トークイベント
日時: 12月23日[日] 16:00 - 18:00
出演: 森田浩彰(アーティスト)
ゲスト: 冨井大裕(アーティスト)、西川美穂子(東京都現代美術館学芸員)
会場:NADiff a/p/a/r/t 店内 にて
参加費: 入場無料(予約不要)※30名様以降は立見となりますのでご了承ください。

メディア

スケジュール

2012年12月14日 ~ 2013年01月20日

オープニングパーティー 2012年12月14日19:00 から 21:00 まで

アーティスト

森田浩彰

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use