「MAMプロジェクト016: ホー・ツーニェン」展

森美術館

poster for 「MAMプロジェクト016:  ホー・ツーニェン」展

このイベントは終了しました。

ホー・ツーニェン(何子彦)は、シンガポールを拠点に、香港、ロンドン、パリ、ベルリン、シドニーなど世界各地で作品を発表し、数々の国際ビエンナーレと国際映画祭で注目を集めてきました。2011年のヴェネチア・ビエンナーレではシンガポール代表として参加し、本展にも出展する新作《未知なる雲》(2011-12年)を発表し話題になりました。ホーは美術史を含む歴史や伝承、物語にもとづく作品を通して、共有された記憶としての史実や現実にひそむ虚構性を明らかにします。表現方法は映像を中心に、インスタレーション、演劇、参加型プロジェクト、音楽家との即興コラボレーションまで多岐にわたります。最近では特に映像と音響の関係を探っており、日本初個展となる本展では、《未知なる雲》を新たに4チャネル・ビデオ・サウンド・インスタレーションとして発表することで、観客に映像と音の相乗効果による物語空間の変化を体験してもらうことを目指します。また《ボヘミアン・ラプソディ・プロジェクト》(2006年)、《ニュートン》(2009年)の映像作品2点も展示します。詩的かつ演劇的な映像世界は、歴史や物語に含まれる教訓や哲学を提示しつつ、私たちにとって現実とは何かを考える機会を与えてくれるでしょう。

【関連イベント】
■アーティストトーク *日英同時通訳付
出演:ホー・ツーニェン
日時:2012年2月4日(土)14:00-15:30
会場:森美術館展示室内
定員:80名
料金:無料(要予約・要展覧会チケット)
■キュレータートーク「歴史という物語における想像力の役割」 *日本語のみ
出演:椿 玲子(森美術館アシスタント・キュレーター)
日時:2012年3月9日(金)19:00-20:30
会場:森美術館展示室内
定員:80名
料金:無料(要予約・要展覧会チケット)

関連イベントの詳細、お申し込みは、ホームページをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2012年02月04日 ~ 2012年05月27日
3月20日(火・祝)は22:00まで、3月24日(土)は、「六本木アートナイト 2012」開催に伴い翌朝6:00まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use