岡村祥男 「夏へのとびら」

タンバリンギャラリー

poster for 岡村祥男 「夏へのとびら」

このイベントは終了しました。

2005年から現在までの6年間、間に1年の休みを挟んで毎日ブログにイラストと短い文章を載せてきた岡村祥男。毎日ネタを作り出すのは案外大変なことで、人生のひとコマを切り取ってみたり、季節の風景を写してみたり、あの手この手でネタを作り出します。時に描きたい絵が先にあって文章が生まれることがあれば、文章に対して文字通りイラストレーションとしてイメージ画を描くこともあります。ブログを通して、その時々でいろんな思いを形にしていく中で、常に頭のどこかに引っかかっていて度々題材として取り上げて来たのが「夏への扉」。あの小説の主人公の愛猫ピートのように、常にわが愛猫プスと一緒に家中の窓や扉を開けて夏を探す。それは時には新幹線の改札であったり、飛行機の乗降口に続いていたりして、いつの間にか地球の裏側まで飛んでいたりするのですが、なにしろタイムマシンと夏への郷愁がここ最近の私の起爆薬になっていることは確かなようです。ブログ「記憶の表象」で発表した作品と、今回個展に向けて制作した新作の中から、夏をイメージする作品を展示します。

メディア

スケジュール

2012年03月06日 ~ 2012年03月11日 18:00

アーティスト

岡村祥男

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use