「近代日本洋画の魅惑の女性像 - モネ・印象派旗挙げの前後 -」展

泉屋博古館分館

poster for 「近代日本洋画の魅惑の女性像 - モネ・印象派旗挙げの前後 -」展

このイベントは終了しました。

本展では、明治初期洋画壇の巨匠、浅井忠の水彩画、その門下の梅原龍三郎、さらに岸田劉生ら京都洋画壇に深く係わった画家や、文部省美術展覧会に出品された藤島武二「幸ある朝」、岡田三郎助「五葉蔦」、山下新太郎「読書の後」、渡辺ふみ子「離れ行く心」、渡辺與平「ネルの着物」など、さらに和田英作「こだま」、梅原「姑娘卿々弾琵琶図」、岸田「麗子六歳之像」、「二人麗子図(童女飾髪図)」、中川紀元「少女」、小磯良平「踊り子二人」、森 芳雄「女性たち」などの女性を描いた作品群を特集展示し、画家の資質の違いを比較鑑賞していただくこととしました。

[画像: 山下新太郎「読書の後」 (明治41年)(泉屋博古館分館)]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2012年07月07日 ~ 2012年09月23日

Facebook

Reviews

haniwabe: (2012-09-28)

おおっ これはいい と思って足を止めて名前を見たら。行ってよかった。
http://hanitona.web.fc2.com/jn201210KindaiJosei.htm

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use