工藤春香 「生きている」

馬喰町 ART + EAT

poster for 工藤春香 「生きている」

このイベントは終了しました。

日本の現代絵画の担い手として評価の高い工藤春香。個人的なことを描いているようで時代の空気や共通無意識を色濃く反映した作品群は、予知夢や不吉な予言に似て観る者にある種の畏れを喚起してきました。最近は、自ら発起人となって企画した新宿松の湯「おまえはどうなんだ?展」(2011年)や、様々なかたちで文化芸術に携わる活動の担い手たちが、日本三大ドヤ街のひとつである横浜・寿町エリアを舞台として活動する試み「Kotobukiクリエイティブアクション」(2012年)への参加など、アーティストとして社会にコミットする姿勢を明らかにしています。
工藤はまたサイトスペシフィックな表現にこだわりをもっているように見えます。今回の「生きている」の制作にあたっては、馬喰町ART+EATの壁面いっぱいに繰り広げる絵巻のような大作を準備しました。3.11以降、作家に課せられた表現という重荷に、真摯に向き合う工藤の力強い筆致に勇気づけられる人は少なくないのではないでしょうか。

[画像: 工藤春香]

メディア

スケジュール

2012年12月04日 ~ 2012年12月22日 17:00

オープニングパーティー 2012年12月08日17:00 から 19:00 まで

アーティスト

工藤春香

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use