葛飾北斎「『北斎漫画』展 - 世界中のアーティストが注目したスケッチブック 」

渋谷ヒカリエ 8/ CUBE 1, 2, 3

poster for 葛飾北斎「『北斎漫画』展 - 世界中のアーティストが注目したスケッチブック 」

このイベントは終了しました。

葛飾北斎は、浮世絵の世界で「冨嶽三十六景」などの風景画を確立した絵師として有名ですが、それは70歳を越してからせいぜい10年ほどのことで、20歳でデビューして90歳で死ぬまで70年間にも渡る北斎の画業の中ではほんの一時期といえます。残りの60年の間に北斎は役者絵、美人画、読本の挿絵、絵手本、花鳥画と様々なジャンルを手がけ、そのどれにもユニークで素晴らしい作品を残しています。北斎のことを「変化(へんげ)の画家」といったりしますが、それは北斎が一つの画境に安住することなく、次から次へと新たな分野や様式に挑戦していく、いわば脱皮を繰り返していく画家だからです。そこに北斎の真骨頂があり、一浮世絵師という物差しではとても計りきれないスケールの大きさがあります。その広くて深い画業の解明の鍵を握っているのが「北斎漫画」だといわれています。現代でいう「マンガ」とは違って、漫然といろいろなものを描いた、という意味で、北斎が描きたかったものを何でも描き尽くしたデッサン帳といえるものです。欧米では早くからホクサイ・スケッチと呼ばれてきました。北斎の全てがこの中に詰まっているといっても過言ではありません。

[関連イベント]「北斎漫画 - 北斎が描いた江戸の森羅万象アーカイブを観る」スペシャルイベント
日時 6月10日(日) 15:00~20:00
場所 COURT
詳細はHPをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2012年05月30日 ~ 2012年06月11日
開場時間 11:00~20:00

アーティスト

葛飾北斎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use