「アート・ツリーズ―つながっていく、樹々の物語」展

高崎市美術館

poster for 「アート・ツリーズ―つながっていく、樹々の物語」展

このイベントは終了しました。

高崎から出発した女性の芸術家たちが、現在、世界を舞台に目覚しい活躍をみせています。なかでも彫刻の三輪途道(みわ・みちよ)、銅版画の長野順子(ながの・じゅんこ)、油彩画の渡辺香奈(わたなべ・かな)は、それぞれのきわめてユニークな作品世界が大きな注目を集めています。
3人に共通するのは、高崎市内の同じ高校で、画家・井田秋雄(いだ・ときお)の指導する美術部に在籍していたことです。高崎市出身の井田は、山口薫や林武、小磯良平などに学び、1950年代から今日にいたるまで精力的な制作活動を続ける一方で、後進の指導に力を注ぎ続けてきました。
本展覧会では、高崎の地で作品制作と教育に熱意をかたむけてきた井田秋雄と、次代アートシーンを担うキラ星のような女性表現者3人の作品群をとおして、高崎をめぐる美の物語をつむぎます。

[画像: 井田秋雄 「追憶の樹」(2001)油彩・キャンバス]

メディア

スケジュール

2012年09月26日 ~ 2012年11月28日
金曜日のみ 20:00時まで開館

アーティスト

三輪途道長野順子渡辺香奈

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use