「モニカ・ボンヴィチーニ展」

ラットホール・ギャラリー

poster for 「モニカ・ボンヴィチーニ展」

このイベントは終了しました。

本展では、立体作品で構成されるサイトスペシフィックなインスタレーション《Straps and Mirror》をメインスペースで展示します。SM カルチャーを暗示する皮ヒモやハーネスで吊るされた鉄製の足場に、巨大なガラスミラーが固定された本作は、男性中心的な建築史への批判に加え、物理的空間と社会的空間の相互関係への考察、そしてモダニズム建築における機能と美学の関係を脱構築するものでもあります。

本展ではまた、「RUN」や「RAGE」といった単語、そして彼女の作品でしばしば目にするヒモや鉄鎖に似たパターンが描かれた《Off the Grid》シリーズの中から、黒のテンペラで描かれたドローイングを展示します。ドローイングは彼女にとって、主題に取り組むプロセスで獲得した気づきを、個人的かつ直接的なかたちで表現しうる手段として捉えられています。

今回のラットホールギャラリーでの個展は、日本ではじめてボンヴィチーニの作品に触れることができる機会となります。

[画像: Monica Bonvicini "Straps and Mirror" (2010) Installation view: Galerie Max Hetzler, Berlin, Monica Bonvicini Bet Your Sweet Life, 2010. Courtesy of the artist © Monica Bonvicini, VG Bild-Kunst, Bonn]

メディア

スケジュール

2012年11月02日 ~ 2013年02月03日
月曜日、年末年始(12/29-1/7 )は休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use