ライアン・マッギンレー 「Animals」

渋谷ヒカリエ 8/ ART GALLERY

poster for ライアン・マッギンレー 「Animals」

このイベントは終了しました。

2000年、弱冠22歳にして自主企画の展覧会、自費出版した作品集が話題となり、その3年後にはホイットニー美術館で同館史上最年少で個展を開催したライアン・マッギンレー。今年2012年にはリッツォーリ社から写真集“Ryan McGinley: Whistle for the Wind”が出版されています。シルヴィア・ウォルフ(元ホイットニー美術館学芸員)は、「前の世代の若者文化を捉えた写真作品と違い、彼の作品は皮肉や退屈さ、そして不安を欠いている。彼自身やその被写体の生活は無邪気な明るさを手に入れているようだ。」と評しました。本展では最新シリーズ“Animals”を展示致します。動物と裸のモデルが引っ掻き合い、掴み合い、抱き合う行為には緊迫感と同時に柔らかさが存在します。また、清澄白河の小山登美夫ギャラリーにて9月1日~29日まで、彼のロードトリップのシリーズを展示する個展「Reach Out, I'm Right Here」を同時開催致します。

<関連イベント>
渋谷ヒカリエ8Fの8/ COURTにて、8/31(金)にサイン会を行います。
また、雑誌『IMA』の創刊を記念して、9/1(土)にライアン・マッギンレーによる公開撮影イベントが開催されます! ※こちらはamana海岸スタジオでの開催となりますが、公開撮影の模様と撮影された作品の一部は、8/ COURTでご覧頂けます。

[画像: ライアン・マッギンレー「Pygmy Goat(Calla Green)」(2012)]

メディア

スケジュール

2012年08月31日 ~ 2012年10月01日

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

ライアン・マッギンレー国内初個展が開催、シガー・ロスの映像プロジェクトにも参加。

【Art Beat News】アートから音楽ファンまで、ジャンルを超えて愛される写真家が日本初上陸。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use