「百椿図 -椿をめぐる文雅の世界-」展

根津美術館

poster for 「百椿図 -椿をめぐる文雅の世界-」展

このイベントは終了しました。

江戸時代はじめ、空前の椿園芸ブームが起こりました。珍しい品種への注目が高まり、数多くの椿を集めた書物や図譜も制作されましたが、なかでも当館が所蔵する「百椿図」は、100種類以上もの椿を色鮮やかに描きだした屈指の名品です。本展では、「百椿図」2巻、計約24メートルを可能な限り広げて展示、その全貌をご覧いただきます。室町時代の花鳥画や江戸時代の工芸品などの椿図とあわせて、新春を華やかに飾ります。

【関連イベント】
・百椿図 講演会1「百椿図と寛永文化」
日時 2012年1月21日(土)午後2時から3時30分
場所 根津美術館 講堂
定員 140名
講演 野口剛(根津美術館 学芸主任)

・百椿図 講演会2「草花図の衝撃 江戸初期の諸相とその後の展開」
日時 2012年1月28日(土)午後2時から3時30分
場所 根津美術館 講堂
定員 140名
講演 安村敏信氏(板橋区立美術館 館長)

メディア

スケジュール

2012年01月07日 ~ 2012年02月12日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use