「日中国交正常化40周年 東京国立博物館140周年 生誕100年記念 特別『青山杉雨の眼と書』」

東京国立博物館

poster for 「日中国交正常化40周年 東京国立博物館140周年 生誕100年記念 特別『青山杉雨の眼と書』」

このイベントは終了しました。

昭和から平成にかけて書壇に一時代を画した書家・青山杉雨(あおやまさんう、1912-1993)は、平成24年(2012)がその生誕100年に当たります。杉雨は西川寧(にしかわやすし)に師事して実作と古典研究に没頭し、作家として頂点をきわめました。「一作一面貌(いっさくいちめんぼう)」と評される多様な表情を持った作品は、国際的にも高い評価を受けています。また教育者として多くの門人を育てるかたわら、著述や講演などを通して中国書法の普及・啓蒙に尽力し、現代の書の世界に大きな影響を与え続けています。平成4年(1992)には文化勲章を受章しました。本展覧会は、杉雨が生前熱心に収集した中国の書画や文房四宝のコレクションと、杉雨自身の主要作品を一堂に公開し、わが国を代表する書家の業績を回顧しようとするものです。

※ 当イベントは平成館での開催になります。

[関連イベント]
- 書のデモンストレーション (席上揮毫)
当館にお越しいただいた皆様にお気軽に参加いただける企画です。書家の実作の様子を間近で見られる貴重な機会。デモンストレーションで完成した作品はご参加のお客様にプレゼントします。
日時: 8月16日(木) 14:00~ (約2時間を予定)
会場: 平成館ラウンジ
演者:
囲碁棋士 二十四世本因坊秀芳(石田 芳夫9段)、小川 誠子6段
書家 角元 正燦、海野 濤山、吉澤 大淳、廣畑 筑州、政池 龜有、吉田 洪崖

メディア

スケジュール

2012年07月18日 ~ 2012年09月09日

アーティスト

青山杉雨

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use