「TWS -Emerging 184/185/186/187- 」展

トーキョーワンダーサイト・本郷

poster for 「TWS -Emerging 184/185/186/187- 」展

このイベントは終了しました。

伊藤の個展タイトルは「Her Memory」。彼女の作品はおびただしい数の人形を細かく裁断し結合させたもの。あどけない幼少時の純粋無垢な好奇心や探究心をきっかけにした行為は、時にグロテスクで残酷にも見えます。彫刻作品ではなく人形を作っている感覚という伊藤の展示会場は、作者と鑑賞者が共通に抱く記憶の接点となるだけではなく、自己と他者という最低限のコミュニティを示す家族単位の模倣・あるいは演技=「おままごと」を介する事で、私たちが安住している大きな社会の中での在り方を今一度みつめる場となるかもしれません。
一方の及川の個展は「裏山しい冒険」。彼女は常に「山」と向き合います。大量生産される雑誌やチラシのイメージを無数にコラージュし作品を制作する彼女の「山」とは、彼女の創作への欲求や試行錯誤、そして日々の生活への不安や未来への思いの蓄積です。本展では、来場者の皆さんには懐中電灯を携え、彼女の見る山々やパースペクティブをお楽しみ頂きます。
あべゆかは、これまで油彩で描かれるストーリーを持ったシリーズ作品に取り組んできました。しかし、彼女の描く「欲望の国」はファンタジックな異世界を想像しているのではなく、人間の欲望や愚かさが生々しく露呈される(私たちが存在する)この世界を示しているといいます。たったひとりの力で世界が変わることはない、というもどかしさと安堵を覚えながら社会をまなざすあべゆかの視線の先には、常に人間の日々の営みがあります。欲望を抱えた人間の犯す過ちやとりまく激情、それらをあべゆかは「愛おしい」と包み込み表現します。
唐仁原は、美術の教科書で一度は目にした事のある古典的な西洋絵画の構図を意図的に導入して表現するペインターです。彼女が鮮やかな色調で丹念に描くのは「失われてしまったもの」。描かれた・あるいは写真に撮影された風景や人物は、既にこの世には無い存在である事も少なくありません。彼女が描く少女漫画の描写にも似た大きくデフォルメされた目をもつ画中の人物たちの幼なげな表情がサウダージを醸し出します。
[アーティスト・トーク]
15:30~17:00  ゲスト: 杉浦幸子氏 (武蔵野美術大学准教授)
[画像: 及川さとみ「そこから」(2011)キャンバス、アクリル絵具、コラージュ]

メディア

スケジュール

2012年07月07日 ~ 2012年07月29日
休館日: 7月9日、7月17日、7月23日

オープニングパーティー 2012年07月07日17:00 から 19:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use