川俣正「Expand BankART」

BankArt Studio NYK

poster for 川俣正「Expand BankART」

このイベントは終了しました。

川俣正は1980年代の活動初期から国内外で注目され、この30年間、常に「美術と社会」との関わりについて、新しい話題を提供し続けてきました。壁、床、天井といった建築的なエレメントをテーマに、木材(廃材など)を用いての新しい空間構成は、インスタレーションという言葉を確立させました。また建物内外を木材が縦横無尽に貫入する建築的なプロジェクトや、都市を構成するインフラや部位(小屋、船、歴史的建造物、道、塔等)をテーマにしたプロジェクトは美術・建築の世界を超え、都市にインパクトを与えてきました。さらに「マイノリティ」にも視線を注ぎ、「放棄された建物」「スラム」「ホームレス」「障害者」「炭坑」等の可能性を深く探ってきました。このように都市の様相と関わりながら、その場をまき込んでいく表現は、造形的(空間的)なインパクトとともに、社会的なメッセージを発信し続けてきており、「ワークインプログレス=現場性」は、多くの人々に影響を与え、関わった各人に新しいアクティビティの発芽を促してきました。
現在、川俣氏はパリを拠点に活発な活動をさらに展開していますが、今回BankARTStudioNYKでは、久々に活動初期から行っている建物内外と関わるプロジェクトを展開します。現在NYKの近くで、UR都市機構が昭和30年代竣工の海岸通団地の建替事業を推進しており(新築の高層建築は既に完成)、現在残っている建物群がこれから解体されます。川俣氏は今回その建物に使われていた大量の木製建具等を使ったプロジェクトを計画しています。現時点では、NYKがどのように、どこまでexpand(拡張)されるか定かではありませんが、UR、河岸、NYK内外装等と反応しながら展開していくプロジェクトになることは間違いありません。また、制作中や会期中にも様々なイベントが挿入されます。
「kawamataスクールagain」はもとより、氏のインスタレーションの中での展覧会や講演会、コンサート等が随時開催されます。カタログも3回配本(予約制)され、連動した個展も日本大通りのギャラリーで開催されます。多様な都市空間と人々、できごとが川俣氏を巡りながら展開していきます。
※関連イベント、詳細はホームページにて
※11月29日〜12月1日はJIA大会(全館使用)開催中のため入場無料

メディア

スケジュール

2012年11月09日 ~ 2013年01月14日
11:30〜19:00(※1/12, 13, 14は10:00〜19:00まで)

オープニングパーティー 2012年11月23日19:00 から

アーティスト

川俣正

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

奈良美智、川俣正が芸術選奨文部科学大臣賞受賞! 新人賞は川内倫子

【Art Beat News】メディア芸術部門は大臣賞に河口洋一郎、新人賞に沖浦啓之

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use