ロバート・キャパ + ゲルダ・タロー 「二人の写真家」

横浜美術館

poster for ロバート・キャパ + ゲルダ・タロー 「二人の写真家」

このイベントは終了しました。

世界で最も著名な写真家のひとり、「ロバート・キャパ」ことアンドレ・フリードマン(1913-54年)が生まれてちょうど一世紀が経ちます。しかしこの「ロバート・キャパ」という名が、当初フリードマンとドイツ人女性ゲルダ・タロー(本名ゲルタ・ポホリレ、1910-37年)の二人によって創り出された架空の写真家であったという事実は、あまり知られていません。 1934年にパリで出会い意気投合した二人は、1936年春に「ロバート・キャパ」という架空の名を使って報道写真の撮影と売り込みをはじめます。仕事が軌道に乗りはじめてほどなく、フリードマン自身が「キャパ」に取って代わり、タローも写真家として自立していきますが、その矢先の1937年、タローはスペイン内戦の取材中に命を落とします。タローの存在とその死は、キャパのその後の活動にも大きな影響をおよぼしたと言われています。 本展覧会は、ロバート・キャパとゲルダ・タローそれぞれの写真作品にもとづく二つの「個展」によって構成されます。横浜美術館が所蔵する194点のキャパの作品を一堂に展示する初めての機会であり、またICP(国際写真センター、ニューヨーク)の企画構成による同館所蔵のゲルダ・タロー作品85点の展示は、タローの仕事を総括的に紹介する日本ではじめての試みとなります。掲載誌等をあわせ300点を超える豊富な写真・資料によって二人の生涯と活動の軌跡を辿りながら、両者の深い繋がりと個性の違いを浮かび上がらせていきます。

[関連イベント]
※いずれのイベントも詳細は公式HPでご確認ください

フォト・ヨコハマ・スペシャルプレゼンツ「渡部陽一トークショー」
出演: 渡部陽一氏(戦場カメラマン)
聞き手: 松永真太郎(横浜美術館学芸員)
日時: 2013年1月31日(木曜)13:30〜15:00
会場: パシフィコ横浜アネックスホールF204
参加: 入場無料、定員150名、申込み先着順

記念講演会「青春のキャパ」
講師: 沢木耕太郎氏(ノンフィクション作家、エッセイスト)
日時: 2013年2月3日(日曜)15:00〜16:30
会場: 横浜美術館レクチャーホール
参加: 入場無料、定員240名、先着順

学芸員によるプレレクチャー
日時: 2012年12月8日(土曜)15:00〜16:30
会場: 横浜美術館 アートギャラリー2
講師: 太田雅子(横浜美術館学芸員)
参加: 聴講無料、予約不要、先着順、全席自由(定員80名)

学芸員によるギャラリートーク
日時: 2013年2月8日(金)、2月22日(金)、3月8日(金) いずれも14:00〜14:30
参加: 無料(当日有効の観覧券が必要です)

夜の美術館でアートクルーズ
日時: 2013年2月6日(水)・3月9日(土) いずれも19:00〜20:45
参加: 各回30名、参加費4000円(他日使用可能な観覧券含む)、要事前申込

観賞ワークショップ「撮られるイメージ・創られるイメージ」
日時: 2013年2月9日(土) 13:30〜16:30
対象: 高校生以上
参加: 定員20名、参加無料(当日有効の観覧券が必要です)、要事前申込

上映会「Capa & Films」
日時: 2013年2月23日(土)、24日(日) いずれも14:30〜18:00
会場: 横浜美術館レクチャーホール
参加: 入場無料、先着順、定員240名


[画像: ゲルダ・タロー 「ロバート・キャパ、セゴビア戦線」(1937) ゼラチン・シルバー・プリント 国際写真センター(ニューヨーク)蔵]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2013年01月26日 ~ 2013年03月24日

Facebook

Reviews

rainy_bird: (2013-02-04)

正方形に息づかいを、長方形には全てが写っていた。

http://d.hatena.ne.jp/rainy_bird/20130203/1359900357

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use