志水児王 「Elements」

MISA SHIN GALLERY

poster for 志水児王 「Elements」

このイベントは終了しました。

MISA SHIN GALLERY は、3月16日(金)から4月28日(土)まで、ゲスト・キュレーターに東谷隆司を迎え、志水児王の個展「Elements」を開催いたします。

志水は、音、光、振動といった物理世界を構成する微細な要素(elements)の特性を拡大し、それらが引き起こす物理現象を視覚的に再現するアーティストです。

1994年から2006年まで、サウンドアーティスト角田俊也らとともに、制作のコンセプトを共にする共同体でありCDレーベルでもある「WrK」(ダブリュー・アール・ケー)を結成。当初から一貫して「時間上で展開される現象や出来事という刻一刻と変化する事象と、それに対する私たち自身の態度や認識の変遷」に焦点をあて、コンセプチュアルな作品、パフォーマンスを制作発表してきました。中でも志水は、物理世界における運動と変化に着眼し、不可視な現象を可視化する試みを行ってきました。近年では緑色、赤色のレーザー光線を用いた大がかりなインスタレーションを国内外の美術館で制作、またレーザー光線をガラスなどの透明な物質を通過させることで得られるモワレを印画紙にダイレクトに当てた写真作品など、レーザーの特性を拡張させた写真作品を発表しています。

この度の個展では、究極的に平行に直進するように整形されたレーザー光線を、表面が滑らかであるはずのガラス素材を通過・干渉させることで、精密なガラス素材が持つ微細な歪みによって光を拡張させ、壁面に美しいモワレ状の波形を描き出すインスタレーション作品を発表します。また、ガラス素材を通過したレーザー光線のダイレクトプリント写真作品を展示いたします。

概念としてのみ存在する「直線」への思考、固体としてのガラス素材の極微化によって生じる、原子・電子などのイメージなど、エネルギーの収縮と拡散をモデル化したインスタレーション作品は、観る者に科学と美、倫理についての思考をうながすことでしょう。

[画像: 志水児王 「Transparent elements (positive) 」 (2012) ]

メディア

スケジュール

2012年03月16日 ~ 2012年04月28日

オープニングパーティー 2012年03月16日18:00 から 20:00 まで
19:00より、志水児王によるパフォーマンス

アーティスト

志水児王

Facebook

Reviews

conon: (2012-04-06)

温度も触感もないものに包み込まれる、妙な心地よさ。レーザーによって浮かび上がる、ワイングラスの世界。
http://noricolumn.blogspot.jp/2012/03/elements.html?utm_source=BP_recent

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use