梅沢和木 「エクストリームAR画像コア」

DIESEL ART GALLERY

poster for 梅沢和木 「エクストリームAR画像コア」

このイベントは終了しました。

現在森美術館で開催中の「LOVE展」にも出展している梅沢和木は、インターネット上に拡散したあらゆる画像やデータを素材としてコラージュ作品を制作する新進気鋭の美術作家です。彼の作品上には膨大な数のキャラクターモチーフが埋め込まれ、統一されたRGBの色彩のなかではもはや、その原型を辿ることは困難です。しかし、そこに埋め込まれたデータの破片は平均化され、彼の手によって再構成されることで私達に新たな展開を見せてくれます。
本展覧会は新作多数にて構成し、また「AR」(拡張現実)という最新技術を用いた様々な表現の第一線で活躍し、エンジニアの枠を越え数々のアーティストとのコラボレーションでも知られるAR三兄弟を開発に迎え、「AR」を取り入れた大作も発表致します。「AR」が埋め込まれた作品を、端末を通して鑑賞することにより、梅沢の手によって現実世界に出現させられたキャラクターモチーフ達が今一度モニターの中に回帰し、「絵画」の枠を超えた新たな仮想世界と現実世界の交差を表現いたします。

[画像: ©2013 Kazuki Umezawa / courtesy CASHI]

メディア

スケジュール

2013年08月23日 ~ 2013年11月15日

アーティスト

梅沢和木

Facebook

Reviews

Taichi Hanafusa tablog review

梅沢和木「エクストリームAR画像コア」インタビュー

「アナログとデジタルの狭間を探る」

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use