「カリフォルニア・デザイン 1930-1965 -モダン・リヴィングの起源-」展

国立新美術館

poster for 「カリフォルニア・デザイン 1930-1965 -モダン・リヴィングの起源-」展

このイベントは終了しました。

「カリフォルニア・デザイン 1930-1965 -モダン・リヴィングの起源-」展は、カリフォルニアにおける「ミッドセンチュリー・モダン」デザインをテーマにした大規模な展覧会です。20世紀初頭から多くの移民を受け入れてきたカリフォルニアは、第二次世界大戦後、世界一の経済力を誇る大国アメリカの大衆文化の中心として飛躍的な発展を遂げました。急激な人口の増加によって、建築や生活空間のデザインの需要が生じたカリフォルニアでは、戦争に際して開発された新技術・新素材を有効活用した、大胆かつ実験的な独自のデザイン活動が展開されました。カリフォルニアの温暖な気候や楽観主義的な風土、そしてアジア、メキシコに近いという立地から、開放性や鮮烈な色彩を特徴とする気楽で快適な「グッド・ライフ」デザインの典型が誕生したのです。やがてそれはアメリカ国内のみならず、ハリウッド映画などメディアを通して世界中に伝えられ、強い影響力を及ぼすに至ったのです。本展では、20世紀デザイン史において重要な役割を果たしたにもかかわらず、これまで十分に紹介されてこなかった「カリフォルニア・モダン」の全貌を、家具やファッション、陶芸、グラフィック、建築写真、映像など約250点の作品を通して検証します。

トークイベント
「なぜ今カリフォルニア・デザインなのか」トークイベント
日時:3月20日(水・祝)13:00 - 15:00
会場:当館3階講堂
出演:ボビー・タイガーマン氏(逐次通訳付)(ロサンゼルス・カウンティ美術館装飾芸術・デザイン部門、アシスタント・キュレーター)× 岸和郎氏(建築家、京都大学大学院工学研究科建築学専攻教授)* 登壇者が変更されました。
定員:250名(先着順)* 聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)の提示が必要です。
協力:新建築社

「カリフォルニア・デザイン1930-1965」トークイベント
日時:3月24日(日)14:00 - 15:30
会場:当館3階講堂
出演:ウェンディ・カプラン氏(逐次通訳付)(本展企画者、ロサンゼルス・カウンティ美術館キュレーター)
定員:250名(先着順)* 聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)の提示が必要です。

「カリフォルニア文化とデザイン」トークイベント
日時:4月13日(土)14:00 - 15:30
会場:当館3階講堂
出演:海野弘氏(美術評論家、作家)
定員:250名(先着順)* 聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)の提示が必要です。

映画「ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ」上映会+トーク
日時:4月21日(日)14:00 - 15:40
会場:当館3階講堂 
定員:250名(事前申込制、応募方法は決まり次第、当館ホームページでお知らせいたします)
協力:アップリンク

メディア

スケジュール

2013年03月20日 ~ 2013年06月03日
※3月23日(土)は「六本木アートナイト2013」開催に伴い22:00まで開館。4月30日(火)は開館

Facebook

Reviews

Yuma Tanaka tablog review

Atomic Designs

An exhibition of post-war Californian design

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use