野田英夫 + 北川民次 + 国吉康雄 「太平洋に架けた夢」

ときの忘れもの

poster for 野田英夫 + 北川民次 + 国吉康雄 「太平洋に架けた夢」

このイベントは終了しました。

ヨーロッパ、とりわけフランスの美術に強い関心が向けられていた日本の近代洋画界。多くの日本人画家がパリを目指し、ヨーロッパ美術の斬新なスタイルを学ぶなかで、当時の美術界が特に注目していなかったアメリカ大陸で作家活動を始めた作家たちがいます。彼等はその地に根を張り生活を送りながら、自己の体験をもとに制作を続けました。市井の人々を温かなまなざしで描いた作品が日米で高い評価を得ている野田英夫。1914年に渡米した後メキシコに渡り、アカデミックな美術概念から開放された独自の作風を形成した北川民次。社会の中心から疎外された弱い立場の人々に目を向けた作品を描いた国吉康雄。本展では、太平洋を往来し芸術家として自己を形成していった三作家の作品約25点をご覧いただきます。

[画像: 野田英夫「作品」水彩 25.4×30.9cm]

メディア

スケジュール

2013年04月19日 ~ 2013年04月27日
会期中無休

アーティスト

野田英夫北川民次国吉康雄

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use