「Tokonoma」展

H.P.FRANCE WINDOW GALLERY

poster for 「Tokonoma」展

このイベントは終了しました。

明治期の日本画家、渡邊省亭と小早川秋聲の伝統的な日本画と、多岐にわたるフィールドで独自の世界観を表現する現代の写真家、宮原夢画の写真作品とのコラボレーション展覧会です。
自然の現象を抽象的且つ幻想的に描いていながらも水の流れる音が聞こえてきそうな渡邊省亭の作品と、墨の濃淡を生かした光の加減や芦の葉の描き方が絶妙で、奥行や情景の静けさを非常に上手く表現している小早川秋聲の作品は、いずれの作品も筆運びや墨の濃淡による表現方法、その内面にある精神性に古美術独特の傑出した技術と緊張感、日本の伝統的な美術の素晴らしさを見出すことができます。一方、宮原夢画の作品”TOKONOMA”は、床の間の伝統的な精神性や表現を踏襲しながらも大胆に再構築し、新たな世界観で観るものに訴えかけます。
明治期と現代、また日本画、写真と時代も分野も異なる三者ですが、高い技術力と深い精神性が共通しています。時代やジャンルの枠を超えた稀有な才能の融合により創り出される現代の「床の間」を展示します。

メディア

スケジュール

2013年04月01日 ~ 2013年04月18日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use