「和様の書」

東京国立博物館

poster for 「和様の書」

このイベントは終了しました。

わが国の書の歴史は、漢字の伝来以来、中国の書法の影響を受けて発展しつつ、遣唐使廃止の頃になると国風文化が広まり、筆致に柔らかみが加わります。平安時代中期には繊細、典雅な「和様の書」が完成します。併行して、万葉仮名、草仮名を経て女手(平仮名)が成立し、「高野切」に代表される日本独自の仮名の美が生まれました。以後、日本の書は、仮名と漢字が融合した和様の書を中心に展開します。和様の書の魅力とともに、宮廷文学や料紙工芸など、書に関わる多様な日本文化に触れていただく機会となります。

[関連イベント]
記念講演会「和様の書」7月20日(土) 、「かなから見た和様の書」8月10日(土)
おとなのためのワークショップ「唐紙の魅力、料紙の魅力」8月11日(日)、8月24日(土)
ファミリーワークショップ「きらきら光る唐紙を摺ろう」8月11日(日) 、8月24日(土)
親子書道教室「三跡に挑戦!」 8月18日(日)
席上揮毫会 (書のデモンストレーション) 8月25日(日)
※詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2013年07月13日 ~ 2013年09月08日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use