「原六郎コレクションの名品」

ハラ ミュージアム アーク(群馬)

poster for 「原六郎コレクションの名品」

このイベントは終了しました。

コレクションを代表する「青磁下蕪花瓶」(国宝)は全期展示いたします。淡い青色の釉薬の美しさ、滑らかな肌合いと柔らかな丸みが調和した均整美をそなえ、中国から伝承した青磁花瓶の白眉と評されるものです。また絵画は二期に分けて紹介いたします。前期は雪村「列子御風図」、狩野永徳「虎図」など、水墨表現の妙がみどころです。後期は、浮世絵美人図の先駆けと位置づけられる「縄暖簾図屏風」(重要文化財)、伝蛇足「霊昭女図」などにみる、人物の表現に注目いたします。そして、円山応挙「淀川両岸図巻」は巻替えを行い、独特な視点と視覚による空間表現とともに、精緻な描写で捉えた川辺の暮らしをご覧いただきます。

会場: 特別展示室 觀海庵

メディア

スケジュール

2013年09月07日 ~ 2013年11月20日
休館日: 木曜日

アーティスト

円山応挙雪村狩野永徳

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use