ウィリアム・モリス 「美しい暮らし」

府中市美術館

poster for ウィリアム・モリス 「美しい暮らし」

このイベントは終了しました。

ウィリアム・モリスは、19世紀イギリスを代表する詩人、思想家であり、工芸家、デザイナーです。造形芸術の世界では、はじめ絵画や建築も志しましたが、彼が最後に選んだのは、「生活を飾る」芸術でした。19世紀後半のイギリスは、産業革命の成果が人々の生活に行きわたり、粗悪で安価な大量生産品が身の回りにあふれていました。これに反発してモリスは、丁寧で質のよい製品を目指します。画家や建築家の仲間とともに、室内装飾品や家具の制作に乗り出し、生涯にわたって力を注いだのです。 この度の展覧会では、モリスのデザインした織物、染物そめものといった布製品、さらに壁紙などの暮らしを彩る品々、そしてモリスが率いた商会の室内装飾品や家具もご覧頂きます。また、家庭用の室内装飾とともに重要な仕事であったステンドグラスの写真フィルムでの再現も見所のひとつです。
[画像:ウィリアム・モリス「いちご泥棒」(1883)]
[関連イベント]
トークイベント
日時: 11月3日(火)14:00~
会場: 講座室
費用: 無料
20分スライドレクチャー
日時: 9月21日(土)、10月5日(土)、10月13日(日)、10月19日(土)、10月27日(日)、11月2日(土)、11月10日(日)、11月16日(土)、11月30日(土)14:00~、15:00~(一日に2回開催)

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2013年09月14日 ~ 2013年12月01日
9月30日(月)、10月7日(月)は臨時開館、観覧無料日: 10月14日

アーティスト

ウィリアム・モリス

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use