「映画より映画的! 日本映画 スチル写真の美学」展

東京国立近代美術館フィルムセンター

poster for 「映画より映画的! 日本映画 スチル写真の美学」展

このイベントは終了しました。

私たちがある一本の映画と出会う前に、そのきっかけとなる大切な役割を果たすのが宣伝用のスチル(静止)写真です。映画の現場には、映画そのものを創り出すキャメラマンとは別に、スチル写真の撮影者(スチルマン)が存在し、本番撮影と並行して場面の撮影をしています。時間芸術である映画のエッセンスを静止画像によってすくい取り、人々の想像力をかき立てるスチル写真には、独自の感覚とプロフェッショナリズムが求められます。そのスチル写真に初めて光を当てるこの展覧会「映画より映画的! 日本映画 スチル謝しにの美学」は、主に日本映画の最盛期に活躍したスチルマンの仕事に注目し、彼らの日本映画への隠れた貢献を明らかにします。スチルの撮影という仕事を紹介するとともに、1951年から16年間「キネマ旬報」誌上で行われた「日本映画スチル・コンテスト」の受賞作、映画作品自体の象徴となった名作スチル、著名な写真家が手がけたする、フィルムが失われた戦前の喜劇のスチル、そして編集者・写真家の都築響一氏によるロビーカード(劇場掲示用の印刷スチル)のコレクションなどを展示し、この“もう一つの映画文化”を多角的に取り上げる展覧会です。
[関連イベント]
トークイベント
日時: 4月27日(土)15:00~
講師: 井本俊康氏(元日活撮影所スチルマン)
日時: 6月22日(土)時間未定
講師: 遠藤努(功成)氏(元東映東京撮影所スチルマン)

メディア

スケジュール

2013年04月16日 ~ 2013年08月07日
休室日: 月曜日、5月27日から6月4日、7月1日から7月8日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use