井上越道 「自転車と巡る軌跡」

新生堂

poster for 井上越道 「自転車と巡る軌跡」

このイベントは終了しました。

井上越道は静岡県で生まれ育ち、東北芸術工科大学を卒業後、東京藝術大学大学院の中島千波研究室を修了しました。第15回の「新生展」にて新生賞を受賞し、このたび個展を開催する運びとなりました。井上は制作過程の一環として日々自転車を乗り、ほんの些細な季節の変化、空気や匂いなど体で感じたものを表現しています。以前は自転車をとめてみた風景のような「静」が印象的な作風でしたが、ここ数年走りぬけていく抽象的な画風に変化してきました。風を斬り、前に駆けぬけていく絵の中の自転車は、まるで人生の路を進むようにも感じられます。自分の力加減やバランスで動いて進む自転車と、一心同体となって制作活動をしているからこそ、生まれる表現です。50号の大作から小品まで約20点を展示致します。
会場: 新生堂1階

[画像: 井上越道「共鳴」岩彩、箔、和紙 10号F(45.5×53㎝)]

メディア

スケジュール

2013年03月21日 ~ 2013年04月05日 17:00

アーティスト

井上越道

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use