平川恒太 「Trinitite - けいしょうされぬ記憶と形-」

バンビナート・ギャラリー

poster for 平川恒太 「Trinitite - けいしょうされぬ記憶と形-」

このイベントは終了しました。

トリニタイトは、人類最初の核実験であるトリニティ実験の際に、砂漠の砂が高温にさらされ一度溶けて生成された人工鉱物の名前であり、現在では核実験によって生成される同種の鉱物に対しても使われています。その鉱物の美しさに秘められた死の歴史に、日本の戦後美術史が重なったことが、作品シリーズ「Trinitite」の制作に繋がったと平川は話しています。本展では、日本軍が戦時中制作した戦争記録画(永久貸与)を黒一色で描いたシリーズ「Trinitite」の新作を中心に発表。メディアや歴史を通した戦争しか知らない若い世代として、戦争記録画という戦時中の画家の仕事を通し、画家の身体性で戦争や美術史を捉えようとしています。

メディア

スケジュール

2013年08月01日 ~ 2013年08月15日

アーティスト

平川恒太

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use