「台湾・日本漆芸交流展 - 過去、現在そして未来 - 」

東京藝術大学 大学美術館・陳列館

poster for 「台湾・日本漆芸交流展 - 過去、現在そして未来 - 」

このイベントは終了しました。

今回の展覧会では山中公の教え子である陳火慶、頼高山、王清霜の作品を展示致します。また、その子息世代から孫世代の若い作家たちの作品も陳列します。日本側は山中公を始め、台湾の産業指導に加わった生駒弘、生駒親雄、太齋晴夫の作品、卒業生の日本での研修先であった河面冬山の作品を並べると共に、東京藝術大学で研究指導に関わる作家たちの作品を並べます。台湾の漆芸の源流と東京美術学校の関わりを検証し、共に次世代がどのように漆芸を発展させるかについて発信する展覧会です。

会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館

[関連イベント]
シンポジウム「台湾の漆芸と東京美術学校」
日時: 10月26日(水)13:30〜17:00
会場: 東京藝術大学美術学部 中央棟1階 第1講義室
入場料: 無料
*関連イベント詳細は公式ホームページにてご確認下さい。

メディア

スケジュール

2013年10月23日 ~ 2013年10月30日

アーティスト

山中公陳火慶頼高山王清霜

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use